にきびの基礎から治療・予防方法までを解説。にきびの悩みを解決します
にきび治療110番

にきびの悩みを解決


日米で売上No.1!
ニキビケアならプロアクティブ!
プロアクティブ
今なら初回限定価格!!
60日間返品保証付!
8,400円(税込)
ニキビケアならプロアクティブ
プロアクティブを注文

内服薬での治療

内服薬でのにきびの治療は、
抗生物質やビタミン剤、
ホルモン剤や漢方薬などを使って行われます。

にきびの化膿がひどくなってしまったときなどには、
悪化を食い止めるために抗生物質の投与が行われますが、
有用な最近まで殲滅してしまう恐れがあるため
限定的な投与となります。

また、ホルモン剤は抗男性ホルモン剤や、
低用量ピルなどを用いて
ホルモンバランスを整える治療になりますが、
肌がきれいになることもありますが、
人為的にホルモンのバランスをいじるために
副作用が出るので医師の診察、
処方が必要になります。

薬での治療は
体のバランスを整える目的で行われることが多いようですが、
投与される薬によっては副作用がでるため、
医師とよく相談して行う必要があります。
UP▲

~にきび治療110番へ

Copy right(C)
にきび治療110番
All Rights Reserved.